ブログ

1月の季節ご飯は「ほうじ茶ご飯」

三田屋箕面・豊中店からの季節ご飯のご案内です。

1月は「ほうじ茶ご飯」です。

 

~料理長のうんちく~
ほうじ茶で炊いたごはんは茶飯、茶粥と呼ばれるものもあり奈良県では奈良茶飯として郷土料理にもなっています。
古くから東大寺や興福寺の宿坊で出されたご飯として現代に伝わっています。
ほうじ茶の効能として、リラックス効果、脂肪燃焼促進、血流促進が挙げられます。
ほうじ茶の効能を最大限高めるためにも、茶葉を丸ごと砕いてごはんと一緒に炊き上げています。

是非、一度ご賞味下さいませ。

スタッフ募集

メンバーズカード会員募集中